スマナサーラ長老のダンマパダ講義 041-042(MP3音声)
5b62ab04a6e6ee3050001afb

スマナサーラ長老のダンマパダ講義 041-042(MP3音声)

¥216 税込

※こちらはダウンロード商品です

Dhp_chap3_41-42_2004_1113.mp3

145MB

心とは何か?――アルボムッレ・スマナサーラ長老のダンマパダ(法句経)講義です。041-042偈(3. Cittavaggvagga 心の章)を解説します。 041. Aciraṃ vatayaṃ kāyo, pathaviṃ adhisessati; Chuddho apetaviññāṇo, niratthaṃva kaliṅgaraṃ. ああ、いつの日かこの我が身 地に倒れ伏し 横たわり 五感意識も失【う】せぬれば 丸太の如く 捨てられん 042. Diso disaṃ yaṃ taṃ kayirā, verī vā pana verinaṃ; Micchāpaṇihitaṃ cittaṃ, pāpiyo naṃ tato kare. 仇敵 報(むく)ゆ仇敵に 怨敵(おんてき) 報ゆ怨敵に いかなる報い あらんより 邪心の報い 我を苦しむ (参考和訳:江原通子) ※日本テーラワーダ仏教協会の法話会ライブ録音(2004年11月13日)です。一部お聞き苦しい箇所があります。予めご了承ください。